日本の文化を気軽に|振袖レンタルで和服を楽しもう|成人式などで着用できる

日本の文化を気軽に

生地

ひそかなブーム

今、おしゃれな人たちの間で着物がひそかなブームになっているのをご存知でしょうか。洋服をコーディネートする場合と大きく違う、着物のコーディネート。着物、半襟、帯など、洋服だとケンカしてしまうような柄同士の組み合わせも、不思議と着物で組み合わせると落ち着くことがあります。着物と一言で言っても、様々な種類があります。振袖、留袖、小紋、訪問着などなど。一体どれを着れば良いのか分からない方におすすめなのは、自宅で洗える木綿や麻で作られたモノを選ぶことです。いきなり格式高い場所に着て行くのではなく、ちょっとしたイベントや友達とのランチなど、堅苦しくないシーンで慣れておくといいですね。せっかく高級な着物を着ても、立ち振る舞いがギクシャクするとみっともないですからね。

まずはリサイクルから

着物は高くて手が出せない、という方にはリサイクルがおすすめです。洋服のように流行に左右されることがないので、古くて恥ずかしい、なんてことはありません。逆にモダンな柄や色使いなど、一昔前の着物の方がカワイイと感じることもあるでしょう。実際、大正時代や江戸時代のモノが注目を浴びることもあります。リサイクルということは、以前に誰かが着ていたということです。どんな人が着ていたのか、どんなシーンで着ていたのか、想像してみるのも楽しいですね。着物を着るなら小物も揃えないと、と焦る必要はありません。バッグや帽子、ストールなど、洋服の小物が意外と和装にあう場合もあるのです。ファッションの一部に着物を気軽に取り入れることが出来れば、おしゃれ上級者間違いなしですよ。